忍者ブログ
プロフィール
HN:
うっきゃん&まき
HP:
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
P R
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80

末梢神経のしくみ

末梢神経は体の末梢と脳とを結ぶ通信網の役目をしています。
脳や脊髄から体の隅々にまで張り巡らされた末梢神経は、体制神経と自律神経に大別されます。
体制神経とは体の動きにかかわる神経で、感覚神経と運動神経があります。

眼や耳や皮膚などを使って、見たり、聞いたり、触れたりして集めた情報は、感覚神経を通って、脳へ伝達されます。
それらの情報は整理され、今度は脳から指令が出されて、運動神経を通って手や足など体の必要な部位に伝達されます。

一方、自律神経とは意思に関係なく独立して働き、内臓や血管の活動、呼吸などをコントロールしており、交感神経と副交感神経の2種類があります。
この2つの神経は、主に1つの器官に対して相反して働きます。
それによって、うまくバランスをとって各器官を調整しているのです。


長時間同じ姿勢を続けたり、無理な姿勢をとったりすると、腰や肩の筋肉に負担がかかり、疲れて乳酸という疲労物質が溜まります。
すると、筋肉が硬くこわばってきて血管を圧迫し、血行が悪くなります。
血行が悪くなると血流n流れにのせて疲労物質を取り除くことができなくなり、ますます筋行くが硬直する悪循環に。

この硬直した筋肉が末梢神経を圧迫し、神経細胞が障害を受けて傷ついてしまいます。

凝った部位を揉み解すことにより血流を促がし、老廃物の流れを良くすることで、疲れを緩和する事が出来ます。

拍手[0回]

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne